異常部位 症 状
幹・枝 穴、木くず、虫糞、ヤニなどがみられる。細枝の樹皮がかじられる。
表面に虫または異様なものが多数付着する。穴・傷はない。
葉・新芽・緑の枝 葉に穴や食べ痕、または、葉面にかじり痕。毛虫がいる。
葉に穴や食べ痕、または、葉面にかじり痕。幼虫は毛が目立たない。
緑の枝や葉に泡が付く。中に虫がいる。
虫または異様なものが多数付着する。食べ痕はない。ときに葉や新芽が変色したり、縮れたり、変形する。
コブなど異常な変形。
変色する。食べ痕はない。高倍率のルーペを使うと、微細な糸や微小なダニがみられる。
果実 果実に虫や虫糞がみられる。

サクラの穿孔性害虫

コスカシバ ヤニや糞がでる。内部に幼虫、体長最大約25mm。体は淡い茶色、頭部は茶色。

コウモリガ 幼木や低木の幹に糞や木くずのかたまりがある。幹の樹皮下がぐるりと環状に食べられる、あるいは材内に縦方向にトンネルが掘られる。内部に濁った黄白色の幼虫、体長最大約80mm。

戻る

サクラの葉食性害虫、毛虫

エゾシロチョウ 最大約4cm。数十から百頭程度の集団を作る。背面に2本の黄褐色の縦縞がある。白色や黄色の柔らかな毛に被われる。秋から春に発生、被害は春に激しい。

モンクロシャチホコ 体長最大約50mm。小さなときは茶色で、毛は疎ら。大きくなると黒くなり、白黄色の毛束が列状に生える。夏に発生。

オビカレハ 体長最大約60mm。春に発生。集団性。糸で膜状の巣を作る。

マイマイガ 体長最大約60mm。背中にコブが二列に並び、前の3対は青く、後の6対は赤い。頭部は茶~灰色、黒い八の字の斑紋がある。春から初夏に発生。カラマツ林などで大発生し、葉を食べつくすと、近くのマツ属を加害する。

ドクガ 体長最大約4cm。黒褐色でオレンジ色の縞や斑紋があり、多数の暗褐色の長毛を生じる。秋から春に発生する。被害は春に目立つ。小さな木に発生する。触ると皮膚炎を起こす。

アメリカシロヒトリ 体長最大約3cm。白い長毛で覆われる。小さな幼虫は体が淡い黄色で、背中に黒点が2列に並ぶ。春~秋に出現。

リンゴケンモン 体長最大約4cm。毛先が白く、カールする。夏に発生する。

戻る

サクラの葉食性害虫、毛の目立たない虫

サクラスガ 体長最大約15mm。葉や枝に糸が張り巡らされる。幼虫や繭がみられる。幹や枝が糸でびっしりと覆われる。春にシウリザクラに発生する。

ムラサキイラガ・ウスムラサキイラガ 体長最大約11mm。頭部は不明瞭。胸脚はごく小さく、腹脚は不明瞭で吸盤状。ムラサキイラガの幼虫の体毛は太い。ウスムラサキイラガの幼虫の体毛は根元だけ太い。8~9月に発生する。

ウスバフユシャク 体長最大約23mm。体は暗い茶色または緑色。尾端近くに2対の明瞭な腹脚があり、その前方の腹脚の前に小さな腹脚がある。春に広葉樹各種の若葉を食べる。

ナミスジフユナミシャク 体長最大約20mm。腹脚は2対。普通、葉を巻いて、その中にいる。春に広葉樹各種の若葉を食べる。

チャバネフユエダシャク 体長最大約40mm。腹脚は2対。春に広葉樹の若葉を食べる。

サクラヒラタハバチ 体長最大約30mm。胸腹部はやや緑色を帯びた橙黄色で胸部及び腹端に黒い斑紋がある。腹脚を欠く。触角は細長い。尾端近くの両側にひげ状の突起(尾肢)がある。 数十頭の集団で枝葉上に糸を張り巡らして天幕状の巣を作る。 6~8月に発生。

オウトウナメクジハバチ 体長最大10mm。胸腹部は粘質物におおわれ、光沢のある濁った黄土色から暗褐色にみえる。6~9月に発生。

コシジロトゲアシハバチ 体長最大19mm。背中が暗く、小さな白い突起がある。頭の後ろに一対の大きな突起があり、尾端に4本の突起がある。7~8月に発生。

戻る

サクラにつくアワフキムシ

シロオビアワフキ 6月頃に細枝や緑の枝に白い泡がつく。

クロスジホソアワフキ 6月頃に葉裏に泡がつく。

戻る

サクラの吸汁性害虫

ヒメクワシロカイガラムシ・ウメシロカイガラムシ 枝や幹が白くなる。虫は長さ約1mmで細長く白い、または径2mm内外の扁平な円形で白~薄茶色。幹や枝につく。

セスジコナカイガラムシ ワラジムシ形で白い粉に覆われる。体長は最大5mm。

戻る

サクラの虫えい形成害虫

サクラコブアブラムシ 体長最大約1.5mm。夏に新葉につく。葉が赤く、でこぼこになって縮れる。

サクラフシアブラムシ サクラの葉表に長さ2~3cmの細長いコブがある。春はコブは赤く、内部にアブラムシがいる。夏以降は枯れて茶色になり、アブラムシはみられない。

戻る

サクラのハダニ

オウトウハダニ 葉脈間が色あせ、やがて全体が茶色に変わり落葉する。体長最大約0.5mm。赤色。

戻る

サクラの果実の害虫

オウトウハマダラミバエ サクランボに茶色のへこんだ斑点がある。内部に白いウジムシ(幼虫)がいる。体長最大約8mm。脚も頭もない。体の先端に黒い歯が透けてみえる。幼虫は成長すると1.5mmほどの穴を開けて外に出てくる。

オウトウショウジョウバエ 熟したサクランボを食べる小形のウジムシ。

戻る